7週連続勝利が懸かっていた先週。
7/23(土)の札幌11Rでミニオンペールが11番人気、単勝オッズ74.5倍の低評価を覆す走りで、
5勝目(中央3勝・地方2勝)を挙げ、見事に記録を延ばしてくれました。
出資会員の皆様、誠におめでとうございました。
20220723ミニオンペール
昨年まで函館、札幌では10戦して2勝、2着2回、3着3回、4着と5着がそれぞれ1回ずつと、
掲示板を外したのは僅かに1回のみ(その1回も6着)。
3勝クラスに昇級後はあまり見せ場を作れていなかったものの、
その北海道巧者ぶりから今年も期待していたのですが、ここまで2戦して13着、9着という成績でした。
勝ち馬とは0.6秒差、0.2秒差と、そこまで大きく負けてはいなかったものの、
さすがにこのクラスでは厳しさも感じていたところ。
おそらく今回が現役最後の北海道での出走となりそうだったことから、
黛騎手に「悔いの残らないように乗ってほしい」と指示した小手川調教師同様、
ただ、ただ、ミニオンペールの力を発揮してほしいとだけ願ってレースを見ていました。

開幕週の大外枠。
レース前は運のなさに少しガッカリしていたのですが、ゲートが開くと抜群のスタート。
ゲート入れ直前にメンコを外した陣営の作戦が功を奏します。
そのままハナを奪うと、3ハロン34.6秒という、このクラスにしてはかなりスローなペース。
このペースで行ければ”洋芝巧者”は簡単には止まりません。
上り3ハロンを35.3秒でまとめ、2着馬に3/4馬身差をつけゴール板を駆け抜けました。

3年前の同時期はまだ未勝利クラスを走っていましたが、結局勝ち上がれずに笠松競馬へ移籍。
中央再転入を果たした後は、1戦ごとに着実に力を付けていき、今回がちょうど40戦目。
晴れてオープン入りを果たしています。

次走は本当にラストの北海道となるはず。
予定している8/14(日)札幌・UHB賞(芝1200m・ハンデ)の出走枠には無事に入りたいところです。
ここまで十分過ぎるほど頑張ってくれていますが、もう一花咲かせてくれることを期待しています。

翌日7/24(日)には船橋でカンティーユが勝利。
収得賞金が500万円以上となり、JRAへの登録の要件を満たしたことから、
美浦・嘉藤貴行厩舎で再始動することとなりました。
ミニオンペールのように着実に力を付け、上のクラスまで上がっていってほしいと願っています。

今週はアイビスサマーダッシュに出走するマリアズハートを含め11頭が出走を予定。
連続勝利記録8週連続となることを大いに願っています。


今週の出走予定
7/30(
新潟9R      ヴィクトリオーソ
札幌11R  リーピングリーズン
札幌11R  アウスヴァール
札幌12R  ホワイトターフ

7/31(
新潟3R   エスグラシア
新潟11R マリアズハート
新潟12R    アイルビーザワン
札幌4R   クトゥネシリカ
札幌6R   シンシアハート
札幌9R   ディナースタ
札幌10R ワザモノ


kato