あけましておめでとうございます
本年もノルマンディーオーナーズクラブをどうぞよろしくお願いいたします。

そして、新年早々明るいニュースが飛び込んできました!
2020年度「JRA賞最優秀3歳牝馬」にデアリングタクトが選出。
昨年の競馬界、そしてクラブを彩ってくれましたが、
今年もこの称号に恥じぬような競馬を見せてもらいたいところです。
20201018デアリングタクト_2

2021年の競馬初日だった昨日の成績も、
と、2頭とも賞金圏内で走ってきてくれ、まずまず良い出だしとなりました。

しかし、コロナウイルスの猛威は年末年始もとどまることなく、
今週からは東京を含む1都3県で緊急事態宣言が発令されるとのこと。
依然として厳しい状況が続きますが、
関係者の努力により昨年も競馬は中断されることもなく開催され、
売り上げは前年比(2019年)でも103.5%とアップ。
ファンあっての競馬ということが改めて浮き彫りとなった年でもありました。

そして、ノルマンディーオーナーズクラブに目を移すと、
昨年は前述のデアリングタクトの存在が大きかったところですが、
それ以外の馬達も本当に頑張ってくれて、

総出走回数607回(2019年525回)
勝利回数37勝(2019年32勝)
※交流競走は含まず

と、どちらも前年の数字を上回っています。

全馬の頑張りがなければ残せなかった数字ではありますが、
ここでは、MVH(Most Valuable Horse)と銘打って、
突出した数字を残した馬の功績を讃えたいと思います。

先日のブログにて出走回数は発表しており、あまり大きな変動はありませんが、
今回は地方所属馬を含め、10回以上出走した馬達をご紹介いたします。
2020出走回数ランキング
上記の馬達は、ほぼ1ヵ月に1回は走る姿を見られますし、
出資されている会員様は毎月が楽しみではないでしょうか?
2021年もランキングに加わってきてほしいと思っています。

続きましては、連対率、複勝率、掲示板率ランキングを発表いたします。
2020連対率ランキング
連対率部門では、無難にデアリングタクトがトップ。
2位のコーラルティアラは8戦して半分が連対と立派な走りを見せました。
地方所属のララパルーザは、デアリングタクトを超える88.9%という数字を叩き出しています。

2020複勝率ランキング
複勝率部門でもデアリングタクトが堂々の1位で2冠達成。
ジャパンカップでは無敗記録が途切れてしまいましたが3着を確保し、この部門では100%を達成
他7頭も常に安定した走りをする馬達が中心で、この結果にも頷けるところです。

2020掲示板率ランキング
掲示板率部門でもデアリングタクトがトップをキープし、3冠を達成しましたが、
アレス(11戦)、レイヴンキング(7戦)も負けじと抜群の安定感を見せました。
表に上がった馬達は掲示板率が70%以上と、馬主孝行と呼ぶに相応しい馬達です。

続きまして、私達のお財布を温めてくれた馬ランキングの発表!
単勝、複勝の配当ランキングをご紹介いたします。
【単勝部門】
1位 10/10・グルアーブ (5,740円・14番人気)
20201010グルアーブ
2位 10/25・サンディレクション (4,560円・11番人気)
20201025サンディレクション
3位 12/05・アステルカーラ (3,480円・8番人気)
20201205アステルカーラ
4位 11/08・スノークォーツ (2,870円・5番人気)
20201108スノークォーツ
5位 05/03・アリンナ (2,100円・10番人気)
20200503アリンナ

【複勝部門】
1位 06/14・アンブローニュ (1,970円・11番人気)
2位 02/09・イオラニ (1,740円・13番人気)
3位 10/10・グルアーブ (1,510円・13番人気)
4位 12/20・ミラビリア (1,490円・11番人気)
5位 06/14・ギガバッケン (1,440円・15番人気) 

皆さん、これらの馬達の馬券は取れましたか?
今思えば何で取れなかったんだろう...という馬達も多々いるところ...
今年はチャンスがある馬は逃さないようにしたいものです。


最後に、所属馬に携わってくださった、騎手、調教師の成績もご紹介したいと思います。
2020騎手ランキング
騎手部門1位はもちろん松山弘平騎手。騎乗数も26回と全騎手中トップですが、
複勝率50%掲示板率61.5%と高い数字をマーク。
昨日の中山金杯も制して2021年も勢いに乗っているので、
クラブ馬でもいい成績を残してほしいところです。
2位はリーディングジョッキーのルメール騎手。複勝率81.8%はさすがとしか言いようがありません。
10回以上騎乗してくれているジョッキーの中では、LINEスタンプにも登場する酒井学騎手をはじめ、
黛弘人騎手、藤岡康太騎手の成績が良いのが見て取れます。

2020調教師ランキング
調教師部門では、杉山晴紀調教師、石坂公一調教師がそれぞれ4勝ずつを挙げてくれました。
また、本日から始まった二次募集馬を預託してくれる、
岩戸孝樹調教師、林徹調教師、小手川準調教師、小西一男調教師、
交流競走の勝利のため表には出ていませんが、ミラビリアを勝利に導いてくれた伊坂重信調教師は、
数多く出走させてくれる傾向にありますし、且つ成績も伴っているので、
出資の際の検討材料にしてみてはいかがでしょうか。

今年の暮れにはどの馬、騎手、調教師がこのランキングに加わってくるのか。
また楽しみな1年が始まります。

2021年も皆様に楽しんでいただけるクラブづくりをしていく所存ですので、
引き続きご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。


kato