6週連続勝利
2度あることは3度ある、
5週続くことはその後も続くとはよく言いますが...
先週はルクシオンチェアリングソングの2頭が見事に勝利を決め、
これで10月10日(土)から続く所属馬の連勝は6週に伸びています。
出資会員の皆様、誠におめでとうございました。

九州産馬の当たり年
20201115ルクシオン
小倉2歳S(G3)、ききょうS(OP)をともに4着ときて、
ここ福島2歳S(OP)に出走してきたルクシオン
4番枠でしたが、馬場の悪い内目を避けて外目に出し、無理せず後方を追走。
道中はそのまま我慢して運び、3コーナーを過ぎると満を持したように更に外目へ持ち出します。
4コーナーでは大外を回しましたが、メンバー中唯一の34秒台の脚を繰り出し、
内から伸びる2着馬を差し切ったところがゴール。
芝が綺麗な箇所を走らせた西村淳也騎手の好プレーもありましたが、
ルクシオン自身もまだ余裕がありそうなところを見せていただけに、
次走を予定している12/13(日)阪神・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1・芝1600m・牝)では、
距離延長にも対応できそうな感じがしました。

今年は同じく九州産馬のヨカヨカがフェニックス賞(OP)を勝利しており、
グレード制導入以降、九州産馬の非九州産限定平地OP・年間2勝は
1998年(コウエイロマン、カシノリファール)以来とのことだそう。

九州産馬という域を超えた活躍を見せていますし、次戦以降も非常に楽しみです。

夏から急成長
そして、福島12R・会津特別(2勝クラス・芝1200m)ではチェアリングソング
夏の札幌開催を境に成績が安定してきており、
前走で勝ち馬からタイム差なしの3着で、2勝クラスに昇級後は2戦連続で馬券圏内の走り。
クラス卒業もすぐそこという感じでしたが、
この日も中団追走から大人びたレースぶりで、直線では馬場の良い外目を堂々と抜け出し完勝。
20201115チェアリングソング
騎乗した菱田裕二騎手が、
「とても行儀のいい馬ですね。オンとオフの切り替えが上手なのだと思います」
とコメントしてくれているように、
ここ5戦で跨った騎手がすべて違うにも関わらず、4、1、3、3、1着という成績を出せているのは、
チェアリングソングの強みであると思います。
次は準オープンが戦いの場となりますが、まだ3歳馬なだけに、益々期待が膨らむところです。

勢い加速中
これで2020年度の勝ち星は37勝(交流競走3勝)。
2016年に記録した、クラブ最多の41勝(交流競走2勝)も視野に入ってきましたが、
今後も1つ1つのレースを大事にしていきたいと思っています。

そして、先週末の地方競馬では、
が移籍後2連勝を決めてくれています。

告知
本日11月19日(木)より、
”2021年クラブオリジナル卓上カレンダー”を販売いたしております。
カレンダー表紙
カレンダー1
少しでも皆様に手に取ってもらいたいと思い、
価格を昨年よりも200円安い1,000円(税込み・送料込み)にいたしました。
今年はコロナウイルスの影響により、カメラマンが競馬場に入場できない関係で
例年より写真のパターンが少ないため、そのぶん多くの馬を掲載しております。

掲載馬は、

アナザートゥルース、アリンナ、アレス、アンブローニュ、アースライザー、オルダージュ、
グルアーブ、コーラルティアラ、ゴールドパラディン、サンディレクション、シュエットヌーベル、
スノークォーツ、チェアリングソング、デアリングタクト、トゥインクルリーフ、
バンクオブクラウズ、ブラゾンドゥリス、ミニオンペール、ミラビリア、ラヴノット、
ララパルーザ、リュードマン、リーピングリーズン、ルクシオン、ルールソヴァール、ワザモノ
※アイウエオ順

となっています。
12月5日(土)までの販売となっており、年内に皆様にお届けする予定ですので
たくさんのお申し込みをお待ちしております。

また、24日(火)より2019年産通常募集(先着順)を開始いたします。
当日は事務所の電話応対を10時(通常11時~)からおこないます。
残口が少なくなっている馬もいますので、ご出資をお考えの皆様は、
お早めにご連絡くださいますようお願い申し上げます。


kato