2020年度岡田スタッドグループのお産が先日終了
100頭の新しい命が誕生し、オスが55頭、メスが45頭という結果でした。
「これで夜ゆっくり眠れるなぁ」と繁殖部門のスタッフはほっと一息。
今年の繁殖シーズンも残り数頭の種付けを残すのみとなりました。

さて、今回のブログでは今年現役を引退し、繁殖牝馬としてオカダスタッドに
戻ってきたビスカリアの様子をお届けします。
ビスカリア③
写真の真ん中にいるのがビスカリアです。左目の角膜炎の回復に時間がかかることと、
8歳という年齢を考慮して今年の春に現役を引退。戦績は50戦5勝、獲得賞金は1億円超と
1口20,000円(400口募集)という価格ながら、息の長い活躍をしてくれた馬主孝行なビスカリア
ビスカリア①
普段は同時期に繁殖入りした他の2頭と同じ放牧地で過ごしています。
広い放牧地でも3頭はいつも近くにいて仲が良さそう こちらへ来てからは
左目を擦ってしまう癖も特に見られませんし、のんびりとした日々を送っています。
ビスカリア②
そして現在お腹にはスクリーンヒーローの仔を受胎中
このまま順調なら来年の4月に出産予定です。
ビスカリアは昨年1月のTCK女王盃(Jpn3)で優勝し、明け7歳で重賞初制覇。
最後の直線では事務所のテレビ前でみんな大興奮&大声援だったのが良い思い出です。
本当によく頑張ってくれましたし、会員の皆さまにも愛された馬ですから、
産駒の誕生を楽しみにされている方も多いのではないかと思います。
ビスカリア④
ビスカリアの馬名はナデシコ科の花の名前より、花言葉は「望みを達成する情熱」
この血がこれから先も続き、仔どもたちも母のように息長く活躍してくれますように。

ビスカリア⑤
最後に懐かしの1枚を...。数年前の懇親会で会員さんからいただいたビスカリアver.のビスコの写真
「あれは嬉しかったよな~」と岡田将一代表は今でもときどき話題にしています。
レース前にビスコを買いに行って応援するようになったのは、私だけではないはず(・∀・)


今週の出走予定
6/20(
東京3R  ブラックシャウト
東京6R  ランジョウ
阪神4R  ゴールドパラディン
阪神6R  ニーニャ
阪神12R   サンディレクション
函館1R  ジュネスドール
函館8R  ホーリーライン
函館12R   ミニオンペール

6/21(
東京7R  ラタンドレス
東京10R   デスティニーソング
函館2R  ハルバード
函館10R   レゴリス
函館11R   アリンナ
函館11R   マリアズハート


yamada