今週はオカダスタッドにも調教師3名が来場。
佐藤裕太調教師(船橋競馬所属)には先月同様、
モンストルオーソ(ビービーバカラの17)に跨ってもらい、
感触を掴んでいただきました。

【左:モンストルオーソ、右:キネオソレイユの17】
佐藤師-(1)

佐藤師-(2)
佐藤裕太調教師
「まず、先月と比べると馬体に幅が出ましたし、乗り込まれながら
体が増えてきたのは何よりですね。坂路2本目はハロン13秒くらい
出ていたと思いますが、終始抑えたままで楽に上がっていたように、
動きも一段階ステップアップしているのが感じ取れました。来月中に
もう一度来場しようと思っていますので、移動についてはそこで考える
ことにしましょう」と話していました。


次に、月1回は訪れてくださる林徹調教師(美浦所属)が来場し、
グルアーブ(タニノジュレップの17)を視察されました。
林師1
林徹調教師
「こちらへはよくお伺いして実馬を拝見させていただいています。
前回視察した時と比べると、毛ヅヤがはるかによく見えますね。
まだ馬体や顔つきは幼いですが、5月下旬生まれなので、
ひと夏を越しての変わり身が楽しみです」と話していました。
なお、今後は新ひだか町・ノルマンディーファームで調整を進めることになり、
ランジョウ(トーセンフォーユーの17)キアナポラリス(ホクセツダンスの17)
一緒に5月29日(水)に移動しました。


続いて来場くださったのは、エンジェルティアラ(ラインレジーナの17)
管理予定の羽月友彦調教師(栗東所属)。
羽月師1
羽月友彦調教師
「マツリダゴッホの仔はこれまで手掛けたことがなく、エンジェルティアラと
アペルトゥーラが初めてになります。レースを見ていると、産駒は短いところで
よく走りますね。この馬に関しては母父がサクラバクシンオーですし、
血統はもちろんのこと、今日視察した調教の動きからもスピードがありそうです」
と話していました。

先生方、お忙しい中ご来場いただき、ありがとうございました!!


今週の出走予定
6/01(
東京11R   ルールソヴァール
東京12R   ファイナルマズル
阪神11R   プラチナムバレット

6/02(
東京8R    サンディレクション

kubo